乾燥肌の徹底対策

保湿化粧品でしっかりケア

お肌美しさを作る「キメ」でずか、肌の乾燥が進むと、このキメが悪くなります。乾燥肌の方場合、皮膚表面の水分量の低下によって、キメが失われ、ハリや弾力の肌となって、シワができやすい状態となります。さらに乾燥が進むと、表面がカサカサになったりひび割れたりする状態となり、化粧のノリの悪い肌となってしまいます。このような状態には保湿化粧品の利用が最適です。
お肌の保湿で大切なのが、水分を包み込んで逃さない、水分が対外に出ていくのを防ぐということになります。まず、水分を包み込んで逃さない成分として、セラミドやヒアルロン酸といった元々皮膚の主成分であるもののほかに、グリセリンや尿素などがあります。また、水分を逃がさないようにする成分として、ワセリンや椿油、ホホバ油などの天然油脂などがあります。保湿化粧品はこれらの成分が効果的に配合されていることが大切ですので、保湿化粧品を選ぶときには、成分を確認するとよいでしょう。
さらに、保湿化粧品の中には、肌本来の持つ保水性を活性化する成分が含まれたものもありますので、自分のお肌の状態に合わせて保湿粧品を選ぶようにします。皮脂が多めの場合は、化粧水タイプのもの、カサカサな場合には、化粧水に加えて美容液などを使い分けるようにするとよいでしょう。

その他のコンテンツ