乾燥肌の徹底対策

意外と知らないあなたの肌

9割以上の方が何らかのお肌のトラブルに悩んでいると言われ、関心の高い部位ではありますが、お肌についての正しい知識をお持ちの方は少ないのではないでしょうか。
人の皮膚かなり複雑な構造をしており、デリケートな組織と言えますが、他の動物が体毛に保護されているのに対して、皮膚自体が外気にさらされており、外からの刺激を直接受けてしまうという特徴があります。
皮膚の構造は大きく分類すると、表皮、真皮、皮下組織の3つの層となっており、表皮は厚さ0.2mmほどの非常に薄い層ですが、お肌を守る重要な役割を果たしています。表皮の一番外側は、角質層と言われる、古くなった皮膚の層があります。角質層は、皮脂とともに、バリアの働きをするとともに、新しい細胞と常に入れ替わる、いわゆるターンオーバーが行われています。角質層はバリア機能とともに保湿機能を合わせ持っており、20〜30%の水分を含んでおり、この水分量が20%以下となると「乾燥肌」ということになります。
表皮の下が真皮と言われる皮膚の中で一番厚い層となり、血管、皮脂腺、汗腺、リンパ管などの重要な器官が多く存在し、コラーゲン、エラスチンなどのお肌のハリや弾力を保つたんぱく質が70%以上を占めています。また、保湿に欠かせないヒアルロン酸などもこの真皮に多く存在します。
その下の皮下組織は主に脂肪細胞で皮下脂肪となっています。

その他のコンテンツ